腰痛対策のための骨盤ベルトの使い方と選び方について

骨盤ベルトは、腰痛や足の痺れを楽にしてくれる優れた矯正道具です。
また骨盤を正しい位置に矯正することによるダイエットや美脚効果もあることから、たくさんの種類の骨盤ベルトが、様々な業界から販売されています。

腰痛には様々な理由があり、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった診断のついている人もいます。
このような腰痛の場合は原因が腰椎や胸椎にありますから、コルセットを使用して潰れてしまった椎体を支えることが治療となります。
この場合は着用する部位は必然的に腰より上になり、目的は患部の安静です。
坐骨神経痛などによる腰痛の場合は、腰椎だけではなく骨盤のズレが神経を圧迫して痛みが発生していることもあります。
この場合の着用の目的は、骨盤を正しい位置に戻して神経の圧迫を解除することです。

同じ腰痛であっても、問題となっている部位や状態が違えば治療も異なります。
全ての腰痛に骨盤ベルトが効くわけではなく、病状によっては医師の指示に基づいたオーダーメイドで作成する頑丈な医療用コルセットが必要になることもあります。
素材の強度やベルトのサポート力など、骨盤ベルトにはたくさんの種類があります。
あなたの骨盤ベルトを着ける理由が腰痛対策、既に生じている腰痛の緩和であるならば、サポート力の強いものを選ぶとよいでしょう。
特に重量物を持ち上げたり前傾姿勢をとることの多い人は、きちんと骨盤を支えてくれるベルトが2本あるようなものをお勧めします。
そして身体に負荷のかかる作業時には、必ず着用しましょう。

骨盤ベルトを着ける目的は、人それぞれ違います。
購入する際にはあなたが痛みを感じる動作に対して装着できるように、目的と使用する状況をよく考えて適したベルトを探してくださいね。

腰痛対策の高反発マットレスもいいと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする