産前や産後の骨盤矯正に良い骨盤ベルト活用のポイント

女性は出産後に正しいケアをしないと骨盤は歪んだまま固定され、腰痛や代謝の低下など様々な症状を呈します。
妊娠から出産に至るまでの身体の変化と骨盤矯正の必要性、骨盤ベルトの選び方についてお伝えします。

妊娠から出産までの間、少しずつ大きくなる胎児に合わせて子宮が大きくなり、骨盤も徐々に開いていきます。
出産前から腰痛に悩まされる女性が多いのは、このような身体の変化によります。
そして出産直後の女性の骨盤は、赤ちゃんの頭が通り抜けた結果、通常の形からするとかなり広がって歪んだ状態にあります。
産後の身体は、1か月ほどかけて元に戻っていきますが、骨盤は何もせずに妊娠前の状態まで戻るのが難しい場所です。
歪んだままの状態で赤ちゃんを抱っこしたり身体を動かすため、骨盤の歪みは一層ひどくなってしまうのです。

そこで産前産後を通して使っていただきたいのが、骨盤ベルトです。
骨盤を固定することで産前からの腰痛や恥骨などの痛みは軽くなり、また歪んだ骨盤を産前の状態に戻すことができます。
骨盤ベルトは妊娠中から産後まで使えるようにマジックテープでサイズを調整できるタイプを選ぶと、1本を使いまわすことができます。
そして買い物や掃除などの家事労働や赤ちゃんを抱っこして出かけるときなど、身体に負担がかかるときには着けるようにしましょう。
またいくら早く骨盤を戻したいからといってベルトによる締めすぎは血流障害を引き起しますので、手のひらが入るくらいの余裕を持たせることが大事です。

ぜひ、産前から骨盤ベルトを使ってみることをお勧めします。
産後に骨盤の歪みで起こる腰痛や代謝の低下、ぽっこりおなかといった身体の様々な不調を予防することができますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする