メリットばかりじゃない?骨盤ベルト使用時に注意したいデメリット

骨盤ベルトを着けていると腰痛や痺れが軽くなるメリットを感じている人が多いと思いますが、実はデメリットも存在します。
骨盤ベルトには、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

骨盤ベルトは正しく付けないと効果を得られないばかりか、逆効果になります。
骨盤を矯正するためには、ベルトを大転子と恥骨を結んだかなり下の位置に巻く必要があるのですが、腰に着けてしまうと背骨周辺の動きを抑制してしまうことがあります。
そうすると背骨周辺の筋肉が骨盤ベルトのせいで怠けて筋力が低下したり、不自然な形で固まってしまうようになります。
サイズの合っていないベルトや、締め付けすぎるのも十分な効果を得られません。
ベルトを着けてから逆に痛みがひどくなった場合には、要注意です。
締めすぎや長時間の着用によるムレやスレは皮膚損傷や血流障害を起こす可能性があり、これらは骨盤ベルト使用によるデメリットと言えます。
よけいにむくみがひどくなったり腰痛や痺れがひどくなった場合も、不適切なベルトや間違った装着方法によって逆効果になっているかもしれません。

また骨盤ベルトを常に着けていないと心もとない、もしくは痛みが増すという人は、既にベルトに頼りきりの生活になっているかもしれませんね。
必要な筋力が発達するよりも、ベルトに支えてもらうことに慣れてしまっている可能性があります。
骨盤ベルトは重量物を持ち上げや身体に負荷のかかることをするときをメインに装着し、軽労作時や就寝時などの長時間にわたる使用は避けましょう。
正しい位置で筋肉が発達すれば、ベルトを着けていない時にも骨盤の位置を保つことができるので、安心してください。

骨盤ベルトの目的は、骨盤を正しい位置に戻してその位置をキープできるような筋力をつけることです。
これを忘れずにして正しく使用すれば、骨盤矯正のメリットを十分に感じられることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする